造形ワークショップ レポ(10/25)

10月25日 造形ワークショップを行いました。

ワクメソッドではおなじみの「ボールを使った」遊びです。

球体であるボールが線を描き、点にもなり、最後は面になる活動です。

みんな最後は絵の具まみれになるのも恐れずに、楽しみましたね^^

造形をやっていていつも思うのですが、保育園での造形活動って、ワークショップのような内容をやっているところは少ないと思います。

やっても、個人制作の季節の制作でしょうか。それも10〜15分程度・・・多くて30分。この活動の中で、じっくり取り組むことができるのか疑問です。

今回小さな子もおりましたが、60分はしっかり遊びました。

このくらいじっくり向き合うのは、集団では難しいのかもしれません。「集中できない」のは「集中するまでやらせてあげられないから」なのかな?と思うことがあります。

造形ワークショップは特に、どっぷり、じっくり、活動することを心がけています。次回は何をやろう、と今からワクワクしています!

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。