松戸市不登校の会 ひだまりさんに寄稿したエッセイ その2 <発達障害の親の会と歩んだ10年>

発達障害や不登校の親の会を10年ほどやっているご縁で、
たまに寄稿のご依頼があり、載せていただいています。
今月号のひだまりニュースに掲載していただきましたので、こちらにも載せさせていただきます。

「発達障害児の子育て 親の会と共に歩んだ10年」
こんにちは。「あんだんて(前:発達障がい児の子育て会あんだんて)」の日置です。
私は2013年から、発達障害児の保護者の会を運営しています。きっかけは長男が発達障害と診断されたことでした。

障害との付き合い方、対応の仕方、右も左もわからず、ただ「将来は大丈夫なんだろうか?」という不安の中、情報を集めるのに必死でした。当時の私は、「発達障害を治そう!治せなくても、わからないようにきちんと教育しよう。」とたくさんの療育やクリニックにかかっては、自分の考えにあうドクターを探しさまよっていました。今思えば、治すものでも隠すものでもないと、あの頃の私に言ってやりたい気
持ちですが、当時はそれしか自分にできることはないと信じきっていました。
クリニックに通い、療育に連れて行き、子どもが適切な振る舞いや行動ができることが、自分の安心感につながっていたのだと思います。(クリニックや療育を否定するものではありません)

小学校に上がり、情緒学級を選択してからは、本人の特性にあった、緩やかな学びと育ちができ、とても安定して過ごすことできました。ただ、小学3年生頃から、いわゆる反抗期の親への反発や、「周りと
自分との違い」に気がつくようになり、親子でよく衝突していたことが思い出されます。考えてみれば、どんな子にもそんな時期はあるのに、「“発達障害の”癇癪がひどくなった」と思い悩んでいたような気が
します。いちど「発達障害」と診断された私たちにとって、どんな些細なトラブルも、「障害ゆえ」として捉えがちで、「その子のありのまま」を見ることはとても難しくなっていました。辛いこと、どうにもならない悲しみや怒り、伝わらない気持ちを、どう消化していいかわからず思い悩む日もありましたが、親の会で誰かの話を聞いたり、自分の話を聞いてもらったりしながら、「自分だけじゃないんだな」と、なんとかやってこれました。親にとって、同じ境遇の保護者と話会える場があることは、本当にありがたかったです。。
そんな幼児期、学齢期を経て、今は中学2年生。実は小5から不登校を続けています。毎日楽しくゲーム三昧…不安じゃないといえば嘘になります。来年は受験生?!信じられません。ですが生きていれば、きっと道は開ける。その日まで、親の私はとにかく健康でいること。不登校の親の会、発達障害の親の会は、元気の源になり続けてくれています。


ところで、1年ほど前に『自閉症という知性』という本を読みました。(池上英子・著)
何名かの発達障害者のインタビューやレポートが載っている本なのですが、その中にひときわ私の心に刺さった言葉がありました。
「どうせ私のいうことは間違っている。だからどう思うべきか教えて」といった当事者の言葉です。実は、息子が全く同じことをいうことがありました。「僕はそう思わないけどさ、どう思うべきだったのか教えて。次からはそうするから」と。衝撃でした。

私が小さな頃から、「普通はこう思うものだよ」「普通はこう行動するべきだから」とたくさんの“普通”を教えてしまった結果だったのかもしれません。息子自身が思うこと(あるいはなんとも思わないこと)が、他人はそうじゃない…そして自分が感じている感情の方が間違っていて、多数派は「正」なのだという認識が、息子の中にはありました。きっとこの本の中で紹介されていた彼女にもあったのだと思います。無意識のうちに、息子自身が思う自然な感情を否定してしまってきたのではないかと、戻れるのなら、やり直したいことでいっぱいです。

最後になりますが、今私が気になっている「ニューロダイバーシティ」という概念をご紹介します。人はみな個性的で、多様だという考え方は、 脳神経科学的に証明・解明されてきています。発達障害に限らず、ある人の考え方が多数派とずれていたとしても、そこに優劣はありません。どちらが正しい、どう思うべき、ということから解放され、その人なりの育ち・学び・働き方、人生を歩むために、ぜひ多くの方に知っていただきたい考え方です。(詳しくは『ニューロダイバーシティの教科書』村中直人・著をご覧ください)

私は、この考え方を知ってから、多数派に合わせることだけが全てじゃないと思えるようになりました。さらに、ニューロダイバーシティの考え方は、広く企業・大学などに浸透し始めています。(近場だと、新松戸の流通経済大学の中に、ダイバーシティ共創センターという学生の多様性を支援する場所が設置されています。)
最近では、保育園でも学校でも、合理的配慮の理解がどんどん進んでいます。

人と同じような学び方でなくても、ゆっくりでも、その子のペースで歩んでいくことはスタンダードになっていますね。今困ったなぁと思っている特性も、強みになることだってあるかもしれません。保護者の皆様には、そんな希望を持って、でも無理せず自分ペースで歩んでほしいなと思います。

「あんだんて」は音楽用語で、“歩く速さで”という意味ですが、歩く速さは人それぞれ。
自分のペースでね、という思いで名付けました。10年経っても、その思いは変わらず、むしろ自信を持って伝えたいと思います。どうぞお子様のペースで、一歩いっぽ歩んでくださいね。もし、発達障害や不登校について何か困っている、漠然と不安がある、伴走者が欲しいと思っている方がおられましたら、一度おしゃべりしに来てください、お待ちしています。

お読みいただきありがとうございました。
あんだんて 代表 日置ひとみ

松戸市不登校の会 ひだまりさんに寄稿したエッセイ その1<発達障害の親の会 あんだんてのご紹介>

発達障害や不登校の親の会を10年ほどやっているご縁で、
たまに寄稿のご依頼があり、載せていただいています。

以前寄稿したもの その1を掲載します。

<発達障害の親の会 あんだんて>のご紹介

「発達障がい児の親の会 あんだんて」代表の日置と申します。会は2013年からスタートしました。始めたきっかけは我が子の発達障害がわかり、仲間づくりの場所が欲しかったからなのですが、実はこんなに長く続くと思ってもおらず、年中だった息子はもう中学生です。(現在不登校3年目)

あんだんては、就学前の保護者さまが会を見つけてくださることが多く、小学校、中学校での配慮の仕方や、その後の 進路、近隣の療育や通院施設などの情報共有をしています。会を通じて出会った方のお子様の中には、学習不振(学習障害のケースも)からの不登校のご経験があったり、保護者自身の発達障害がわかったりと、見た目にはわからなくても、多様な人生を歩まれていると痛感しています。

大変ありがたいことに、参加された皆様からは、「同じような境遇の方とお話しできてよかった」「支援級にするか悩んでいたので、話を聞いてくれてホッとした」といった感想をいただいています。

 

さて、来てくださる皆さんのお話を聞いていると、学校という場所は、均質的で没個性的な場所であるとい印象がぬぐえません。昨今不登校のお子様が増えていることや、発達障害と診断されていなくとも、特異な感性のお子様は、とても生きずらい時代だと感じます。我が家には二人の息子がおりますが、二人とも不登校で、長男は小5から、次男はなんと入学3ヶ月で不登校に。最近は「ホームスクーラー」という「学校を軸にしない」素敵な考え方ありますので、私たち親子も、とにかく「自分自身の選択を信じよう」と前向きに捉え直しているところです。

とはいえ、中学校に入学した途端、なんとなく感じる「内申点」や「卒業後の進路」という不安。漠然とした焦燥感から親子ゲンカもしょっちゅうです。そんな時は、ちょっと間抜けな話に聞こえるかもしれませんが、「もしも日本中の子どもが不登校だったら?」などと空想をしてみたりします(笑)もしも日本中の子どもが、学校に行く/行かないの選択ができ、そしてその選択が大人になる上でなんの障害にもならないのだとしたら…。不登校に悩むことなどないですよね。そんな空想を続けていると…不登校は、この子の問題でもないし、その受け皿がない社会に問題があるのだと思えて、「あんなに怒る必要もなかったかな」と反省する、の繰り返しです。

子どもが学校から飛び出してしまう教育現場のあり方や、ホームスクーラー・不登校児がより学びやすく、自分らしく歩める環境づくり、社会づくりは、今生きる大人の責務だと感じます。私には社会の構図まで変える力はありませんが、半径3メートルくらいの人の応援団でいたいと日々願っています。

発達障害や不登校、子育てに悩んでるお母様が「一人じゃない」と思えること、

「なんとかなるよ」「大丈夫だよ」と根拠も何もないけれど肩を叩きあえる友人であり続けること、辛い時に一緒に泣ける人間でありたいと思い、「あんだんて」を続けています。

もし、お子様の発達障害や不登校について話せる仲間が欲しいなと思ったら、ご連絡いただけると嬉しいです。いつでもお待ちしていますね。お読みいただきありがとうございました。(日置ひとみ)

さてギフテッドと言わず何と呼ぼう

ギフテッドはいわゆる英才教育では育たないし、持って生まれた何か強烈なエネルギーを持った子っていう印象があるんだけれど、やっぱりこの言葉を使うのに言いよどんでしまうのは言葉の意味が人によって解釈違いが起こりまくる恐怖から。
(我が家の次男は診断はないけれど、2Eギフテッドっぽさが当てはまるので便宜上そう表現するけども、「分類することに意味はない」と最近は感じてます。)

もう7年くらい前になるかもしれないけれど「異才発掘プロジェクトROCKET」が「発達界隈」で流行っていた頃、「あぁこれはまずいぞ」って何となく思ったもので、
いわゆる「デキる発達障害」が突出していくことが、なんか大人に消費されているような気配がありました。
子どもの個性を伸ばす、というよりも、大人の恣意的な何か・・・スーパー人材を生み出したいというか・・・そして、世の中は「デキる発達障害」しか相手にしないのだと落胆した記憶が。
何も持たない発達障害(だけでなくすべての子)を結局は「持たざる者」として下げられしまう気もしたし、正直「どうせうちは〜」みたいな気持ちにもなりました。(これは長男に対して)

ところが、今日偶然、見つけたLEARNという団体。


異才発掘プロジェクトROCKETから発展した団体のようで、もうその沿革を読んだだけで、涙が。

素晴らしいので読んでほしいですね。
https://learn-project.com/about/


それと、中邑賢龍さんがYouTubeでお話ししていたことが、「あー!それ思ってた!」ってことだらけだったので、こちらもぜひ。

さて、ギフテッドと呼ばずに何と呼ぼう。
というか、子どもを表現するのに、何かカテゴリーを必要とするのは、
自分の心の弱さだと最近感じています。

カテゴリーがないと、存在しちゃいけないのか。
カテゴリーをいうことで、パッと直感的に理解してもらおうとする怠惰なような気も。
カテゴライズすることで安心するのをやめたいね。

少し前は、人格を表すタグのようなものだと思っていたけれど、
そんなタグに支配されたくないなって最近はよく思ってます。

ね、いろいろ。